わき汗ボトックス(保険適応)→現在は自費治療のみの扱いとなっております

*現在保険での治療は行っておりません。ジェネリックのお薬になりますが自費で27000円(税抜き)と保険よりお安くご提供させていただいております。

hanafusa-doctor0001.png  

 

 

以前からわき汗のボトックス注射のすばらしい効果を目の当たりにし、その治療に積極的に取り組んで参りましたが、費用がネックとなり治療を断念される方が多く、胸を痛めておりました。

今回、わき汗のボトックス注射が2012年11月より保険適応となりました。

これによりわき汗にお悩みの患者様が、質の高い治療を少ない経済的負担で受けられるようになりました。

多くの患者様が安心して治療を受け、悩みから解放されますように全力をつくしていきたいと思います。

 

腋窩多汗症について

waki-botox10001.png   腋窩多汗症は局所多汗症の中でも頻度が高く、米国や日本の疫学調査では多汗症全体のおよそ半数を占めるとされています。

精神性発汗を主とする手掌や足底と異なり、腋窩の発汗は情動刺激と温熱のいずれにも影響される点が特徴です。

患者の多くは左右対称性に症状を呈します。

腋窩多汗症は、患者の日常生活に支障を及ぼし、QOL(=生活の質)を著しく低下させうることが知られています。

 

腋窩多汗症の保険適応について

wakibotox20001.png  

ボトックス注射の保険適応が通ったのは、「重度の原発性腋窩多汗症」です。

すなわち、ただ単にわき汗が多いというのでは保険適応とならず、一定の基準を満たす患者様に対してボトックス注射が保険適応となったという訳です。

 

保険適応となる基準

①原発性腋窩多汗症が、その他の疾患や、薬剤による原因ではなく、体質的なものであること。

さらに以下の診断基準を満たす必要があります。

 

waki-botox3.png

 

以下の3または4であること

waki-botox4.png

 

以上①から③の診断基準を満たす患者様は原発性腋窩多汗症と診断され、保険適応となります。

(わき汗で深刻にお悩みの方であれば、大部分診断基準を満たすものと思われます。)

 

なぜボトックス注射がわき汗に効くのか?

汗の腺は、アセチルコリンという神経伝達物質(下の図の赤い点)により、神経から信号が伝えられ、汗を出すようになります。

 

ボトックスは、アセチルコリンの放出を阻害し、神経から汗の腺への情報伝達を遮断することで発汗を抑制します。
遮断された伝達は数ヵ月で回復しますので、発汗抑制効果を維持するためには反復投与が必要です。


 

効果の持続期間には個人差があり、国内外のデータでは通常4~9ヵ月とされています。 

waki-botox5.png

 

治療の流れ

①まず問診にて、診断基準を満たすかどうか判定を行います。

②必要であれば採血などを行います。

③同意書にサインをいただきます。

④ご予約をいただきます。

⑤施術日にご来院いただきます。

⑥両脇にマーキングを行います。

⑦ボトックスを片方あたり10〜15箇所ほど投与します。

 

費用

3割負担の患者様で、28,000円程度となります。

※自費の場合はジェネリックのリジェノックスで一回27,000円になります。

治療にかかる時間

初回:10分程度

施術日:15分程度

※禁忌

次の患者様は治療を受けることが出来ません。

全身性の神経筋接合部の障害をもつ患者様(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症等)

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者様

 

当院のこだわり

痛みが少ない治療を心がけております。特注した極細の針を用い、ご希望の方には特殊な冷却装置を使って、痛みを軽減いたします。 さらにボトックスの広がりを計算した注入デザインを用い、ボトックスの効きのムラを抑えております。

 

Q&A

Qわき汗が気になるのですが、ボトックス注射の保険がききますか?

A必ずしもわき汗が気になる方全員が保険適応という訳ではなく、原発性局所多汗症の診断を充たし、重症であることが必要です。

 

Q治療は痛みますか?

A注射の際、多少痛みがあります。当院では美容診療にて多数のボトックス注射の経験がありますので、通常使用されていない特注の極細の針を使ったり、クーリングや冷却装置などを駆使して痛みを最小限に食い止めることが可能です。

 

Qボトックス注射後、注意することはありませんか?

A注射後、当日は飲酒、激しい運動、注射部位(わき)のマッサージを控えていただきます。

 

Qいつから効いてきますか?

A注射後2〜4日で効果が現れてきます。

 

Qどれくらい効果がありますか?

A4〜9ヶ月効果があるとされています。

 

Q何ヶ月に一度、注射をしないといけませんか?

A効果は4〜9ヶ月程度と言われています。約半年に1回程度注射することが一般的です。初夏に注射を行えば、涼しくなるまでは汗を抑えられるという印象です。

 

Q副作用に付いて教えてください。

A副作用はまれなのですが、原発性腋窩多汗症患者を対象とした国内臨床試験において、総症例144例中3例(2.08%)に副作用が報告されました。その内訳は発汗3例(2.08%)、四肢痛1例(0.69%)であったとされています。 すなわち、腋窩の汗は抑えられたのですが、首や背中の発汗が増えたという方は2.08%、腕の痛みを感じた方が0.69%いらっしゃったとのことです。

美肌のご相談は三鷹はなふさ皮膚科へ

お電話お問い合わせ・ご予約は今すぐコチラ
お問い合わせ
初診予約
〒181-0012 東京都三鷹市上連雀4-3-5 松崎ビル 2F
受付時間:9:00~12:00 15:00~18:30
(診察受付は午前11:30まで 午後18:00まで)

ページトップへ戻る