シルエットリフト(3Dリフト)

シルエットリフトはより高い効果を求める方のためのスレッドリフト でより高い引き上げ効果を追求した治療法です。シルエットリフトと特殊な糸に右と左では逆さ向きに特殊なバイオコーン(トゲ)が配置され、右と左の引っ張る力 (張力)を利用したるみを改善させます。

糸は18ヶ月ほどで自然吸収されますが、糸の周りにはコラーゲンの生成が促されるため、糸が消えた後も効果を残します。

シルエットリフトイメージ

このような方にオススメです

フェイスラインを引き締めたい方

フェイスラインを引き締めたい場合
 

たるみを取りたい方

たるみを取りたい場合

当院のシルエットリフトのこだわり

当院ではすでに、スレッドリフト(たるみ治療の糸)やヒアルロン酸、脂肪溶解注射を用いたたるみ治療を行っており、 そのさらに上を求める方にシルエットリフトをおススメさせていただいております。 当院ではたるみの原因を解剖学の視点から熟知した上で、最も効果的な治療方法、 最も効果的な挿入方法をご提案したいと思います。 また、局所麻酔を効果的に使い、なるべく痛くない方法で治療させていただいております。

その他の糸との比較

その他の糸はトゲが付いていなかったり、トゲの方向が1方向なので、引き上げ効果には限界があります(固定されていないロープを引っ張るようなイメージで、 テンションがかかりにくくなります)
それに対して、シルエットリフトは双方向にトゲが付いているので、ロープを双方向から引っ張るようなイメージとなり、 高いテンションを期待できます。

その他の治療法との比較

フェイスリフト手術との比較

より高い効果を求めるならフェイスリフト手術の方が確実ではありますが、その費用(50万~100万円以上)、 リスク(それなりに大きな傷跡が必ず残ります)、ダウンタイム(フェイスリフトの手術の場合、入院が必要となることも多く術後、 一週間以上の安静は絶対に必要になります。

それに対してシルエットリフトの治療は費用が安く、安全でダウンタイムが少なく(1日程度)、 ハードルの低い治療と言えるでしょう。効果は手術よりは劣ります。

レーザー、超音波などの照射系治療との比較

照射系治療は一般的にやや効果にバラチキがあり、効果を実感しにくい方もおられます。 それに対してシルエットリフトの治療は一定の効果を得やすく、確実な効果を求める方に お勧めです。

また照射系治療は効果が出るまで数カ月かかるものも少なくなく、すぐに効果を得たい方はスレッドリフトの方がお勧めです。

このような方にオススメです

  • ①とにかくたるみを改善させたい方
  • ②レーザー治療を行ったものの効果がなかった方
  • ③フェイスリスト手術までは考えられない方

ご注意

以下の方は残念ながらダーマペンの施術を行えませんで、他の治療を選択してください。

  • 出血傾向のある方
  • 麻酔薬に対するアレルギーのある方
  • 皮膚悪性腫瘍、皮膚細菌感染症をお持ちの方
  • 妊娠中の方

治療の流れ

  • ①まず医師が診察を行い、治療の適応かどうか判断します。
  • ②治療の適応であれば、同意書を作成、術前の写真を撮った上で、治療を開始します。
  • ③まず局所麻酔を行います。
  • ④シルエットリフトを挿入します(5分程度)。
  • ⑤形を整え治療終了となります。

シルエットリフトの料金

シルエットリフト 料金

2本

4本
98,000円 156,000円

よくあるご質問

Q 痛いですか?

局所麻酔(歯医者さんで使うような麻酔)を使いますので、それほど痛くはないのですが、無痛というわけではありません。 引っ張られるような痛みは一週間ほど続きますが、痛み止めを飲めば充分耐えられる痛みだと思います。

Q ダウンタイムについて教えてください

治療後24時間は針を刺した部位の化粧は避けていただきます。まれに内出血になることもありますが、7日~10日程度で自然に吸収されます。

Q 引きつれたり不自然になったりしませんか?

熟練した医師が行えばまずそのようなことはないのですが、一時的に引きつれた感じが出る可能性はないわけではありません。

Q 何本入れればいいですか?

まずは左右1本ずつ計2本から始められても良いでしょうし、最初から高い効果を求められる場合は左右2本ずつ計4本入れられても良いでしょう。

Q 効果はどれくらい持続しますか?

糸自体は18ヶ月で吸収されますが、糸の周囲にコラーゲンが産生され、さらに、しばらく効果が持続することが方向されています。

ページトップへ戻る