ドクター紹介


 

  院長 花房 火月
(ハナフサ ヒヅキ)

大阪出身O型 


学歴
平成7年4月~平成10年3月    私立東大寺学園
平成12年4月~平成14年3月   東京大学教養学部理科三類
平成14年4月~平成18年3月   東京大学医学部医学科
平成18年3月              医師国家試験に合格  
(医籍第457275号平成18年4月14日登録)

職歴

平成18年4月~平成19年3月 癌研究会有明病院(初期研修医)
平成19年4月~平成20年3月 東京大学医学部附属病院(初期研修医)
平成20年4月~平成20年6月 東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科(専門研修医)
平成20年7月~平成20年11月 東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科(助教)
平成20年12月~平成22年6月 NTT東日本関東病院皮膚科(医員)
平成22年7月~平成23年6月 東京厚生年金病院皮膚科(レジデント)
平成23年3月 東京大学医学部附属病院皮膚科・皮膚光線レーザー科後期研修終了
平成23年7月~ 三鷹はなふさ皮膚科開設

三鷹市、東京都医師会加入済

所属学会:日本皮膚科学会、日本小児皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本抗加齢医学会所属

 

テレビ出演歴

 
■Nスタ 2011年11月3日(木)16:53~19:00 TBS
冬の痒み、乾燥肌について解説しました。
■スーパーJチャンネル 2011年12月6日(火)16:53~19:00 テレビ朝日
冬の痒み、乾燥肌について解説しました。
■ひるおび! 2014年1月28日(火)11:00~13:50 TBS
寒冷蕁麻疹について解説しました。
■モーニングバード! 2014年2月5日(水)08:00~09:55 テレビ朝日
寒冷蕁麻疹について解説しました。
■朝ズバッ! 2014/ 2/ 7(金)5:30~ 8:30 TBS
凍瘡について解説しました。
■モーニングバード! 2014/ 4/16(水) 8:00~ 9:55 テレビ朝日
揺らぎ肌について解説しました。
■グッド!モーニング 2014年8月28日(木)04:55~08:00 テレビ朝日
帯状疱疹について解説しました。
■グッド!モーニング2015年 1月13日(火) 4:55~ 8:00 テレビ朝日
凍瘡について解説しました。
■あさチャン!2015年 5月 5日(火) 5:30~ 8:00 TBS
ビーガン(食事療法)について解説しました。
■直撃LIVEグッディ!016年3月1日放送 13:55〜 15:50 フジテレビ
花粉症皮膚炎について取材協力いたしました。
■直撃LIVEグッディ!2016年5月10日放送 13:45〜 15:50 フジテレビ
日光じんましんについて取材協力いたしました。
■スーパードクター 2016年5月21日放送 17:30〜 18:00 千葉テレビ
最新の美容皮膚科、皮膚外科について特集されました。
https://www.youtube.com/watch?v=Q2X-djpVgBk
■グッド!モーニング2016年 6月1日(水) 4:55~ 8:00 テレビ朝日
炭酸ガスレーザーについて解説しました。
■直撃LIVE グッディ!2016年 6月7日(月) 13:45〜15:50フジテレビ
脂漏性角化症、首イボの炭酸ガスレーザー治療について解説しました.
 
その他、雑誌、新聞等のメディア出演多数
 
bnr_kakugo_700.jpg

 

美容医療に対する想い

私は、幼少期より皮膚が弱く、慢性湿疹、痒疹などに常に悩まされておりました。

そのため、常に人目に付く皮膚のトラブルの辛さは人一倍理解しているつもりです。
同様の悩みを抱えた人の役に立ちたいという思いから、皮膚科医をめざし、初期研修のうちから、そのトレーニングを開始しました。

正直に申し上げますと、皮膚科医としての研修を開始するまでは、「美容皮膚科」というと、少しちゃらちゃらした印象があり、私自身あまり良い印象を持っていませんでした。

皮膚科研修医時代、研修先の病院にシミ治療用のレーザーが置いてあり、初めて美容皮膚科に携わるきっかけをいただきました。
 

初めてレーザーを触った時に、非常に基本的ではありますが、「どうして、シミにはレーザーの効くシミ、効かないシミがあるのだろう」という疑問が浮かびました。

シミは基本的にはメラニンの過剰な産生と、沈着であり、そのメラニンを破壊するのがレーザーなのに、どうして効くものと効かないものがあるのだろうと、、、。

それがきっかきで、シミやレーザーの専門書を買い集め、勉強を開始しました。そしてその奥深さと、うまく治療が出来た時の劇的な効果にはまり、レーザー治療に打ち込むようになっていきました。
幸い多くの治療の機会を賜り、多くの臨床経験を積ませていただきました。

その過程で感じたことは、美容診療も対象となる症状の本質を理解し、治療法を選択し、そのリスクと効果を患者様に正確に伝え、的確に治療を行う。
そしてそのフィードバックを行い、さらに理解を深め、テクニックの向上を図るということは、なんら保険診療と変わらないということです。


その奥深さと治療意義を感じ、ますます真剣に取り組むようになって行きました。
 


大きな病院で勤務していた時に、生死を争う大きな病気されて、治療の甲斐あり病気は克服されたものに、急速にふけてしまったと訴える患者様がおられました。

「顔がやせ細ってしわがたくさんできてしまった、顔がくすんでしまった、こんな顔になってしまって、外出するのも辛くなってしまった」とおっしゃられました。

「昔の顔に戻りたい」という患者様のせつな願いに、「命が助かったのだから贅沢をいってはいけない」とか、「またいつ病気が再発するかわからない時に何を心配しているのか」いう考え方もあるかもしれません。

しかし、肌のトラブルを抱えていたことのある私は、患者様の訴えが痛いほど身にしました。
まだトレーニング不足で、かつ美容皮膚科の設備が整っていなかったその病院では、私は話を聞いてあげることしかできませんでした。

その後、私は三鷹で開業し、美容皮膚科を担当させていただくことが多くなりました。
レーザー治療や、ヒアルロン酸注入などを施行し、「こんなにすぐに良くなるなら、もっと早くやっていればよかった」とありがたい言葉をいただくことも増えました。

こういった言葉を頂くたび、非常にうれしい半面、以前話を聞くことしかできず、治療してあげられなかったあの患者様のことを思い出します。

 
人の数だけ、皮膚のお悩みは人それぞれです。だからこそ、皮膚の悩みを一人で背負いこまないでください。
最初のご相談は、どんな患者様でも不安なものですが、相談した後の気持ちの落ち着き、安堵感はひとしおです。
皆様に安心して美容皮膚科を体験していただきたいと心から思っています。

当院では、ドクターが直接患者様にヒアリングをして根本的な原因から、具体的な改善のための治療法をご説明させていただきます。

お気軽にお訪ねください。
 

 

ページトップへ戻る