冷凍凝固術

冷凍凝固術は、病変部に液体窒素(−196℃)に浸した綿球を押し当てる方法です。


hanafusa_word2.png


脂漏性角化症や尋常性疣贅などの治療に適しております。

1回の治療は5分程度です。

hanafusa_word1.png


脂漏性角化症は紫外線のあたりやすい場所に発生する皮膚疾患で、50代以降の男女に好発し、60代以降はほぼ必発といっていいほど一般的な疾患です。

尋常性疣贅はウイルスの感染症による皮膚病変で足の裏、手のひらなどに好発します。


痛みについて・・・

脂漏性角化症の場合・・・綿球をあまり強く押し当てないため、あまり痛みはありません。

尋常性疣贅の場合・・・綿球を強く押し当てるため、比較的痛みが強く出ます。

治療後、1週間程度で病変がカサブタ化し、自然に脱落します。

通院回数・・・

脂漏性角化症の場合・・・2~3回(ただし、病変の数が多い場合は、通院回数が増える場合があります。)


尋常性疣贅の場合・・・1~2週に1回に数ヶ月通院する必要があります。


仕上がりの美しさに関してはやや炭酸ガスレーザーに劣りますが、保険適応の治療のため、とてもコストパフォーマンスに優れた治療です。


ページトップへ戻る

  • ご予約、お問合わせ
  • 患者さま体験談
  • kangoshirecruit0002.png
  • doctorrec0001.png
  • よくある質問

mitakahana.png

sidebana.png